FIGHT FOR RIGHTS vol.97
「Special 20th Anniversary Fiesta Party」




今回のFIGHT FOR RIGHTSは、20周年記念ということで入場無料の投げ銭制で開催します。バスクの歌姫OLATZ SALVADOR、CARIBBEAN DANDY、THE TOKYO LOCALS、MAXN、マイティマウンテンス?、RAY?OH...NEEDA!!等豪華ゲストも出演決定。皆で20周年をお祝いしましょう!FIGHT FOR RIGHTSは90'sから日本にCUMBIA、SKA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介しているJAPONICUSが始めた本邦初のレベルミュージックイベント。過去にはMANU CHAO、ANGELO MOORE、BRAHMAN、DJ SCRATCHY、GAZ MAYALL、NATHEN MAXWELL of FLOGGING MOLLY、FERMIN MUGURUZA、VERY BE CAREFUL、KING PRAWN (ex ASIAN DUB FOUNDATION)、OBRINT PAS、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA等、錚々たるアーティストが出演しています。またハ?スク、スヘ?イン、フランス、韓国、カタルーニャ等の海外て?も開催。2011年、2020年にはフシ?ロックフェスティハ?ル内て?開催し人気を博しています。

2022.12.12(mon) 調布 @ CROSS
Open/DJs Start: 18:30〜22:00 / 入場無料☆投げ銭
Info: Cross 042-490-7301 / http://cross.toos.co.jp/

featuring...

OLATZ SALVADOR (バスク)
CARIBBEAN DANDY
THE TOKYO LOCALS
RAY? OH...NEEDA!!
MAXN
マイティマウンテンス?

DJs:
藤井悟 (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
TXAKO (Japonicus)
TAGOOD (Monte Bailanta)
MATXA (Los Tequila Cokes)

visuals: MATCHA (Rebel Fiesta Party)

FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS ホームページ
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo

OLATZ SALVADOR http://olatzsalvador.com/
バスクのサンセバスティアン・ドノスティア出身のOlatz Salvador(オラッツ・サルバドール)。彼女のミュージシャンとしてのキャリアは、2010年バスクのロックバンドSKAKEITANからスタートした。SKAKEITANではキーボードを担当し、来日公演を行った事もある。現在はSKAKEITANと同時にソロ活動も行っており、2018年に「Zintzilik」をリリース。2021年にはアルバム「Aho uhal」を発表している。彼女の人気はバスクやマドリード、バルセロナまで広がり、BBK Live festival、Semana Grande、Victoria Eugenia Theater等に出演。Xoel L?pezやChristina Rosevinge等と共演している。今回の来日公演はバンド編成でツアーを行う。「Aho uhal」は叙情的な美しさが際立つアルバムだったが、はたしてLIVEではどのように体現するのか。Olatz Salvadorのバスクロックというジャンルに囚われない自由な発想と表現力に期待!

CARIBBEAN DANDY www.facebook.com/caribbeandandy
80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。ワールドミュージックを中心としたラテン近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-BALKAN-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。FUJI ROCK FESTIVAL、RADICAL MUSIC NETWORK、朝霧ジャム、ROTOTOM SUNSPLASH FESTIVAL (スペイン)、STEPPING STONE FESTIVAL (韓国)、CLOWNIA FESTIVAL (カタルーニャ)、URBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL (台湾)、ACTUAL FESTIVAL (スペイン)等の国内外のフェスから大小さまざまなクラブ、ライブハウス、バーなどで活動している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、THE BEAT、FLOGGING MOLLY、ANGELO MOORE、GAZ MAYALL等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY、STAR TIME等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。2015年にヨーロッパでメジャーデビューが決まり、現在「PRODUCCIONS SUBMARINES」所属。

THE TOKYO LOCALS www.tokyo-locals.com/
1980年代より日本のMODSシーンにおいて欠かす事の出来ない存在として認知され、今尚その強烈な声とパフォーマンスはとどまる事なく進化し続けており四半世紀以上経った現在においてカリスマ的人気を博す。全国に多くのフォロワーが存在し、まさに日本の宝とも言うべき二人のヴォーカリスト_ 82フソロでの共演です。 昨年惜しまれつつ20年の活動に幕を降ろしたFacing Factsの主宰者、佐藤志朗がそのイカした選曲で花を添えます。ブラックミュージックの魂を完全に引き継ぎ、そのグルーヴを知り尽くした男達のクールでホットな夜です。ぜひ体現しに来てください!

Ray? Oh...Needa!!  https://rayohneeda.tokyo/
ROCK BAND in TOKYO、so COOL so WARM、and DOPE. とにかくかっこいい。そしてやさしい。

MAXN http://maxn-web.com/
高校との友人とガールズバンドMaxnを結成し、インディーズでの全国流通盤をリリース。年間100本近いライブ活動に加え、Japan Nite出演や、アメリカ、台湾ツアーを遂行など10代にして多くの海外経験を積む。2020~2021年、コロナ禍野中メンバーの脱退によりバンドの実態を失うが、Vocal &Guitar「ゆきの」のソロプロジェクトとして、サポートメンバーを携え音楽活動を継続。そして、2022年”MAXIMUM POP”を表現するセルフプロデュース型ソロプロジェクト「MAX’N」として活動を一新。ゆきの周辺のミュージシャン、クリエイターの協力を仰ぎながら、リスナーをもプロジェクトの一部と見立てた”WE’RE MAX’N”とスローガンと共に活動領域を立体的に広げ始めている。

マイティマウンテンス? http://heart-into-my-musi.wixsite.com/mightymountains
東京発の4ピース・ロックバンド、マイティマウンテンズ。『MIGHTY MOUNTAINS』は、8ビートのシンプルなリズムとストレートな言葉で「今」この瞬間に感じている感情を心に刻みつけていくような、生命力溢れるバンド・サウンドです。80年代後半から90年代にかけて、大きなバンドブームを巻き起こしたレジェンドバンドの音楽や空気感を彷彿とさせる、マイティマウンテンズの不思議な魅力。2022年にここまでプリミティブな日本語ロックを鳴らしているバンドは、そうそういないはずだ。

藤井悟aka SATOL.F (Caribbean Dandy) www.facebook.com/caribbeandandy
80年代中期から日本のレゲエ・ロック・パンク・レベルミュージックDJの草分けとして活動してきた藤井悟 aka SATOL.F。椿ハウス、P.PICASSO、MIXなどのクラブでDJのキャリアをスタートさせ、松岡徹(CLUB SKA)、須藤一裕 (THE ZOOT 16)らと共にCARIBBEAN DANDYを結成。現在結成約20年目を迎える。スペースシャワーTVの司会を務めるなど、東京のアンダーグラウンドシーンのレジェンドDJとして第一線で活躍してきた藤井悟。80年代から90年代はレゲエ・ロックを軸にスカ・パンク・アフロミュージックを織り交ぜるDJスタイルを得意としていたが、2000年前後からラテン・メスティソ・パチャンカ・クンビア・ロックラティーノ・レベルミュージックに興味を持ち始め、セットリストに加えるように。世界中の音楽を縦横無尽に混血させる独自の選曲は、世界でも高い評価を獲得している。国内ではRADICAL MUSIC NETWORKやFIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、STAR TIMEのレギュラーDJを務めている他、FUJI ROCK FESTIVAL、朝霧ジャム、EARTH GARDEN、GO OUT JAMBOREE、橋の下音楽祭のフェスティバルに出演。海外では2005年にイタリアのSTREET BEAT FESTIVALに出演。2009年、2012年にUSツアーを行った他、2011年、2012年、2015年、2016年、2017年、2018年にヨーロッパツアーを決行。ACTUAL FESTIVAL、CLOWNIA FESTIVALや、世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012等に出演している。最新の活動では台湾のURBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL、韓国のSTEPPING STONE FESTIVALに出演。過去にはRICO RODRIGUEZ、ROY ELLIS、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、GAZ MAYALL、THE BEAT、THE SLACKERS、FLOGGING MOLLY、MIMI MAURA、VERY BE CAREFUL、DJ SCRATCHY等、世界トップクラスのアーティストと共演。常に時代を先取りし続けてきた藤井悟にしか成し得ない究極のエンターテイメントをとくとご覧あれ!

KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds) www.facebook.com/KAZ.SUDO
MESTIZO、CUMBIA、ROCK LATINO、PATCHANKA、BOOGALOO、REGGAE、ルーツミュージックに傾倒しラテン、メスティソ (混血)、ロックラティーノ・シーンの裾野を拡げるレベルミュージック・セレクタズ<Caribbean Dandy>としてレギュラーパーティー「RADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY」他、海外アーティストの国内外のツアーに参加。TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美氏のソロユニット<THE ZOOT 16>ではDJを務め、また日々更新されるシーンのリリースからセレクトするハイブリッドショップ、ZOOT SUNRISE SOUNDSの代表でもある。音楽の持つ不良性に魅かれる。

AMEMIYA KSK (discos Papkin) http://discospapkin.com/
山梨県甲府市出身。DJ Crew「Caribbean Dandy」の一員として国内外のフェスから大小さまざまなクラブ、ライブハウス、バーなどで活動。これまでにレゲエ専門ではないDJ/クリエイターによるレゲエ・ミックスCDシリーズ「Strictly Rockers」から世界の裏打ちと銘打った「El Ritmo Del Mundo De Atras」をリリース。2012年よりセレクト・CD/レコード・ショップ「discos PAPKIN」をネット上にオープン。ラテン、レゲエ、アフリカ、メスティソ、ブラジリアン等ジャンルに囚われない自身のレコードバッグの中身そのまま、心に響く意識に刻まれる共有したい音楽を現場仕込みのセレクションで紹介。現在はネットだけでなく出張販売も頻繁に行っている。

DJ TXAKO (Japonicus) www.facebook.com/djtxako
世界数十カ国の海外アーティストを日本に招聘している音楽団体「JAPONICUS」の専属 DJ としてテ?ヒ?ューした DJ TXAKO(チャコ)。CARIBBEAN DANDY の藤井悟氏に師事。日本て?は殆と?知られていなかった WORLD MUSIC・GLOBAL BEATS・MESTIZO・CUMBIA・ROCK LATINO・PATCHANKA・BALKAN・LATIN SKA・REBEL MUSIC といった音楽を、CARIBBEAN DANDY と共に日本に広めた立役者て?あり、特に PATCHANKA に関しては“ハ?チャンカの女王”の愛称て?世界トッフ?クラスの DJ として広く知られている。 国内て?は 2008 年から 2019 年まて? 12 年連続て?フシ?ロックフェスティハ?ルに出演。2014 年にはフシ?ロック内て?最も RUDIE なステーシ?て?あるクリ スタルハ?レスのクローシ?ンク?アクトを華々しく飾った。海外て?は ARIANO FOLK FESTIVAL (イタリア)・ACTUAL FESTIVAL (スヘ?イン)・CLOWNIA FESTIVAL (カタルーニャ)・GAZTE EGUNA (ハ?スク)・URBAN NOMAD FREAKOUT (台湾)・VIVE LATINO (メキシコ)・RANDOM MUSIC FESTIVAL (スヘ?イン)・STEPPING STONE FESTIVAL (韓国)・ROTOTOM SUNSPLASH FESTIVAL (スヘ?イン)・PLAYTIME FESTIVAL (モンコ?ル)・DMZ PEACE TRAIN MUSIC FESTIVAL (韓国)、ZAPATO AZULE (ハ?スク)・MERCAT DE MUSICA VIVA DE VIC (カタルーニャ)・ZANDARI FESTA (韓国)・EHZ FESTIBALA (フランス)、の他、集客数 30 万人を超える世界最大のレケ?エフェスティハ?ル ROTOTOM SUNSPLASH(スヘ?イン)に 2 年連続出演。2015 年と 2016 年にはラテン音楽の本場フ?エルトリコ遠征を行った他、ハ?ルセロナの名所SALA APOLO(アホ?ロシアター)て? CHICO TRUJILLO と共演。更に MANU CHAO 主催の ESPERANZAH! WORLD MUSIC FESTIVAL 2015 て?クローシ?ンク?アクトを務めるという日本人 DJ 初の快挙を成し遂け?ている。これまて?に RICO RODRIGUEZ や ROY ELLIS、MANU CHAO、FISHBONE、GAZ MAYALL、FLOGGING MOLLY、ANGELO MOORE、DJ SCRATCHY、FERMIN MUGURUZA 等、海 外ミューシ?シャンのサホ?ート DJ も定期的に行っている DJ TXAKO。2015 年に LD&K から初の MIX CD「Cafe Bohemia〜Drip on All Gypsies〜」には DJ TXAKO と親交か?深いアーティストの楽曲か?ト?ラマチックに紹介されている。レキ?ュラーイヘ?ントは、RADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、REBEL FIESTA PARTY、PACHAMAMA 等。2015 年にヨーロッハ?て?メシ?ャーテ?ヒ?ューか?決まり、現在「PRODUCCIONS SUBMARINES」所属。

TAGOOD (Monte Bailanta) www.facebook.com/DJ.TAGOOD
ラテンミュージックの深層を探るべく、コロンビア、アルゼンチン、ペルー、メキシコ等、現地のレコード屋、ストリート、はたまた、コレクター宅に、お邪魔してレコード収集。CUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOを中心にセレクト。2010年スペイン、バスク、2012年ロサンゼルス、2015年プエルトリコ等海外でプレイ。「FIGHT FOR RIGHTS」「REBEL FIESTA PARTY」「PACHAMAMA」のレギュラーイベントの他にもRADICAL MUSIC NETWORK、朝霧 JAM、アースガーデン等に出演している。JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイスト、VERY BE CAREFUL、MATE POWER、EL HIJO DE LA CUMBIA、ROLANDO BRUNO Y SU ORQUESTA MIDI、CUMBIA KID、LOS CHINCHILLOS DEL CARIBE、ESNE BELTZA、CARIBBEAN DANDY、BAD SOUND SYSTEM、MIMI MAURA、THE DOLOMITES、EKD等の国内外のツアーでDJを行っている。

MATXA (Los Tequila Cokes) www.facebook.com/lostequilacokes/
DJ、VJ、ミュージシャン、ビデオメイカーをこなすマルチアーティストMATXA。現在クンビアバンド「Los Tequila Cokes」の一員として都内のクラブ、ライブハウス、バーなどで活動。2013年頃より国内のイベントやパーティなど様々な会場でDJプレイの他にRADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、REBEL FIESTA PARTYのギュラーとしても活動中。

企画・制作・招聘:Japonicus
協力: Mauka Musikagintza/調布Cross/Caribbean Dandy/Radical Music Network/
Clandestino/Rebel Fiesta Party/Pachamama/discos Papkin/Monte Bailanta/

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.