イベントの延期のお知らせ

コロナウィルスの感染拡大にともない、東京都が緊急事態宣言を延長することになった為、やむを得ず8月14日に予定していた新宿CAFE LAVANDERIAの「FIGHT FOR RIGHTS vol.92」を、延期することを決定致しました。 お客様、出演者様、関係者の皆様にご迷惑をお掛け致しました事、心よりお詫び申し上げます。

===========================================================

FIGHT FOR RIGHTS Vol.92
「Special Radical Music Network Pre-Party」




MANU CHAO、FERMIN MUGURUZA、NATHEN MAXWELL (FLOGGING MOLLY)、BRAHMAN、OBRINT PAS、KING PRAWN (ex ASIAN DUB FOUNDATION)、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA、RANKIN TAXI等の全世界で活躍するアーティストの出演で話題の『FIGHT FOR RIGHTS』。前回名古屋で行われた『FIGHT FOR RIGHTS』にMANU CHAOが出演し、入場規制がおきる程の盛り上がりを見せた事も記憶に新しいのでは?90年代から日本にCUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介し続けているJAPONICUSが始めた、本邦初のREBEL MUSICイベントである。そんな『FIGHT FOR RIGHTS』に日本が世界に誇れるレゲエのパイオニアRANKIN TAXIが登場!さらに日本のミュージックシーンを代表するCARIBBEAN DANDY、杉村ルイ TRIO、BAILA NENA、宇都宮からMEXICAN CLUB BAND (DJ Set)、DJ MAHOと愛媛からDOC.KOYAMANTADO等も参戦。日本で本物のREBEL MUSICが聴けちゃいます!

2021.8.14(sat) 新宿 @ CAFE LAVANDERIA
Open/DJs Start: 14:00 / Start: 14:30 / Close: 21:00
Tickets:¥ 1,500 以上 (+ 投げ銭) 予約: Cafe Lavanderia/discos Papkin)
メールでのチケット予約はこちらまで → info@japonicus.com 
Info: Cafe Lavanderia 03-3341-4845 / http://cafelavanderia.blogspot.jp/

featuring...

杉村ルイ TRIO (Lui-Fabian-Toneero)
BAILA NENA (メキシコ)
MEXICAN CLUB BAND (DJ Set)
CARIBBEAN DANDY SELECTA

Guest DJs:
DOC.KOYAMANTADO (Rumba.Loco) from 愛媛
MAHO (Viva Mexico Cabrones) from 宇都宮

DJs:
藤井悟 (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
TXAKO (Japonicus)
TAGOOD (Monte Bailanta)
YONESUKE SYSTEM (Pachamama)
MATXA (Rebel Fiesta Party)

FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS ホームページ
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo

CARIBBEAN DANDY https://www.facebook.com/caribbeandandy
藤井悟 D.J.1985年頃からD.J.をはじめる。ロンドンナイト(椿ハウス)で遊びでD.J.を経験した後、西麻布P.PICASSO、青山MIX、西麻布328等、数多くのクラブやイベントでプレイ、2000年D.J.の松岡 徹(CLUB SKA)、須藤 一裕(ZOOT SUNRISE SOUNDS)達とCARIBBEAN DANDYを結成、現在に至る。現在、P.PICASSOを始め、80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。レゲエを中心としたカリブ海近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。2005年からイタリア・スペイン・バスク・フランス・アメリカ等を定期的にツアーをしており、イタリアではBANDA BASSOTTI主催のSTREET BEAT FESTIVALに出演しTHE SLACKERS、RUDE Hi-Fi、BOMBSHELL ROCKSと共にツアーを決行。ローマ公演にて一万人のオーディエンスの前でプレイを果たしました。2008年のアメリカツアーではVERY BE CAREFULと共にツアーを決行。L.A.で最も有名なクラブLA CITAやSAINT ROCKE等でプレイ。2009年には、RADICAL MUSIC NETWORKのメンバーとしてフジ・ロック・フェスティバル公演を 果たし新鮮な驚きと興奮で、クリスタル・パレスは一時入場制限が出たほどの盛り上がりを見せた。2010年のFUJI ROCK FESTIVALではCARIBBEAN DANDYを代表して藤井悟とTXAKOがブリテッシュ・ブルースの父と言われているJOHN MAYALLの息子で、GAZ MAYALL (THE TROJANS)の弟のJASON MAYALL aka CUMBIA KIDと「CUMBIAS、CUMBIAS、CUMBIAS」というチームを組んで出演している他、MANU CHAOの日本公演サポートDJに抜擢されている。2011年にはCARIBBEAN DANDYとEKDと共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURスペイン・フランス・バスクツアーを決行。スペインではACTUAL FESTIVALにて一万五千人のオーディエンスの前でプレイした事も記憶に新しい。去年のフジロックフェスティバルではFIGHT FOR RIGHTSを代表してMANU CHAO、DON LETS、OBRINT PAS、AMADOU & MARIAM等と共に出演を果たし。2012年にはCARIBBEAN DANDYとTEX & SUN FLOWER SEEDと共に5度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURを決行。最終日にはCARIBBEAN DANDY SELECTAは世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012のSKA CLUB STAGEのヘッドライナを務めました。さらに去年の12月には2度目となるアメリカツアーRADICAL MUSIC NETWORK US TOUR 2012を決行。また国内ではROCK ON THE ROCKとFUJI ROCK FESTIVAL 2008年・2009年・2010年・2011・2012年に5年連続出演している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、STEPPA、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。

杉村ルイ TRIO http://www.tokyo-locals.com/
1980年代後半より東京MODSシーンの代表格バンド、THE HaiRのヴォーカルを弱冠10代にして務め、そのソウルフルな歌声とカリスマ性のある存在感をもってして、本格派R&BバンドとしてのThe HaiRの一時代を築く。その後、言わずと知れた東京スカパラダイスオーケストラに加入。ヴォーカリストとしてのキャリア、存在を確固たるものに。現在、自身のバンド THE TOKYO LOCALSを結成、その圧倒的なカリスマ性と存在感、歌唱力で東京の街に仁義と粋と自由とBLUESを求め唯一無二の世直しゲリラ活動中、詳しいプロフィールはひ、み、つ。

BAILA NENA
“El Baile No Tiene Idioma”ダンスには言葉はいらない...世界は同じ言語で通じる。バイラ・ネナは都内を中心に活動するデジタル・クンビア・ユニット。アナ・リベラ (ボーカル)とダビド・デラ・ルズ (シンセ)。二人組みのメキシコ人が発信するリアルなラテン・ミュージック・サウンド。

MEXICAN CLUB BAND (DJ Set) http://www.facebook.com/mcbjapon 
Latin、Cumbia音楽を軸に幅広いサウンドを展開。栃木県宇都宮にて、メキシコイベントVIVA MEXICO CABRONES!! & 宇都宮ラテン化計画を、DJ MAHOと共に主催。現在自身のレーベル、NINJAMAN RECORDSから1stミニアルバムLATIN LIBREを音楽配信ストアにて配信中!

MAHO (Viva Mexico Cabrones)
宇都宮を中心に様々なイベントにて活動。10代から20代の間はバンドにてベース、ウッドベース等を担当。その後、DJとして活動を始める。ロカビリー、パンクを経て、レベルミュージックにたどり着き、現在はジャンルを超えたプレイを得意とする。『VIVA MEXICO CABRONES』のレギュラーDJを務める。

DOC.KOYAMANTADO (Rumba.Loco) http://rumbaloco.blogspot.com
未来世紀メキシコのDJ。カリブ海や南米やアフリカやヨーロッパなどのルーツミュージックや混血音楽やドラム&ベースを糧に2006年頃より国内外のフェスティバルやパーティーなど様々な会場でプレイ。 LIBERTADを胸に日夜サウンドシステムに身を揺らし耳をすます。 2018年はFUJI ROCK FESTIVAL、RADICAL MUSIC NETWORK (東京)、 パサール満月祭 (島根) 、竜串トロピカル (土佐清水)、CUMBIA PARTY (大阪)、BASS ADDICT (高知)などに出演。また海賊盤CD、移動祝祭盤を各地ユートピアへリリース。最近は愛媛を拠点にRUMBA.LOCOを仲間たちと開催!

企画・制作・招聘:Japonicus
協力: Caribbean Dandy/Radical Music Network/Cafe Lavanderia/Clandestino/
Rebel Fiesta Party/Pachamama/discos Papkin/Rumba.Loco/Viva Mexico Cabrones!!/

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.