FIGHT FOR RIGHTS Vol.81
「Mestizo Fiesta Party」




MANU CHAO、FERMIN MUGURUZA、NATHEN MAXWELL (Flogging Molly)、BRAHMAN、OBRINT PAS、KING PRAWN (Asian Dub Foundation)、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA、VERY BE CAREFUL等の全世界で活躍するアーティストの出演で話題の『FIGHT FOR RIGHTS』。前回名古屋で行われた『FIGHT FOR RIGHTS』にMANU CHAOが出演し、入場規制がおきる程の盛り上がりを見せた事も記憶に新しいのでは?90年代から日本にCUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介し続けているJAPONICUSが始めた、本邦初のREBEL MUSICイベントである。そんな『FIGHT FOR RIGHTS』にTHE CLASHのツアーDJ、IGGY POP、THE RAMONES、BLONDIE、THE CRAMPS、BLACK UHURU等のロンドン公演のサポートDJとして活躍し、DON LETTSらと並びレゲエとパンクのレジェンドDJ SCRATCHYが登場!さらに日本の音楽シーンを代表するアーティスト、ダブストア・レコーズ代表の家永直樹、クラブ・スカのDr.IHARA、杉村ルイ aka LUI BLUESFACE、TEX & SUN FLOWER SEED (小人数 ver.)、LOS TEQUILA COKES、CARIBBEAN DANDY等も参戦。日本で本物のREBEL MUSICが聴けちゃいます!

2019年3月17日(sun) 新宿 @ CAFE LAVANDERIA
Open/DJs Start: 17:00 / Tickets:\ 1,500以上 (+1D)
メールにてチケット予約お取り置きはこちらまで → info@japonicus.com 
Info: Cafe★Lavanderia 03-3341-4845 / http://cafelavanderia.blogspot.jp/
 
featuring...

DJ SCRATCHY (from ロンドン)
LUI BLUESFACE & friends
LOS TEQUILA COKES
TEX & SUN FLOWER SEED (小人数ver.)
CARIBBEAN DANDY

Special Guest DJs:
家永直樹 (Dub Store Records)
Dr.IHARA (Club Ska/Version City)

DJs:
藤井 悟 aka SATOL.F (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
TXAKO (Japonicus)
MILK (Cine Bossa)
TAGOOD (Monte Bailanta)
MATXA (Rebel Fiesta Party)

Food & Drinks: CAFE☆LAVANDERIA

FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS ホームページ
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo

DJ SCRATCHY http://www.scratchysounds.co.uk
1970年代からDJ活動を開始したDJ SCRATCHY。全盛期のThe ClashのツアーDJ、Iggy Pop、The Ramones、Blondie、The Cramps、Black Uhuru等のロンドン公演のサポートDJとして活躍し、Don Lettsらと並びReggaeとPunkの橋渡しに貢献。現在のRock、PunkのDJの基礎を築いたパイオニア的存在である。その後、Joe Strummer and The Mescaleros、Dr. Feelgood、The Pogues、Gogol Bordello、Groundation、The Dead Brothers and The Urban Voodoo Machine等のツアーDJとして30年以上世界を旅していく中で、DJ ScratchyはJoe Strummerの影響を受けて、CumbiaやLatin、Reggae、Gypsy、Balkan、Mestizo Punk等に傾倒していくようになる。それによって彼が持つRockなアティテュードに世界中の音楽を混血させた、自由なDJスタイルを確立。現在も、Music Shamanと呼ばれながら世界中の音楽ファンを虜にし続けている。2011年にはJAPONICUS主催のイベントFIGHT FOR RIGHTSと朝霧ジャムで出演しており、レジェンドに相応しいDJを披露。 さらに2012年には初RADICAL MUSIC NETWORKと初FUJI ROCK FESTIVALを決行。2013年には2度目となるRADICAL MUSIC NETWORKとFUJI ROCK FESTIVALに出演を果たしCRYSTAL PALACEを大歓声に巻き込み、そしてツアーファイナルの東京公演はSOLD OUT、入りきらないほどのオーディエンスが成功ぶりを見せた。過去にはGlastonbury Festival、Womex、Popkomm等に出演。2004年にはTrojan Recordsより2CDアルバム「Scratchy Sounds」を発表。2007年にはPiranha Musikより「Piranha Jubilee Vol. 7: Rockin' The Barricades」を発表している。現在の主な活動はロンドンのパーティー「Gypsy Hotel」のレジデントDJの他、ラジオ番組「Scratchy Sounds」のラジオDJとしても活躍している。今回の6度目となる来日ではCARIBBEAN DANDYとJAPONICUSの出演を中心とした来日です。そして日本とアジアを代表するREBEL MUSICイベント FIGHT FOR RIGHTSとWILD ROVERの出演、そしてファン待望の日本縦断ツアーが決定している。

CARIBBEAN DANDY https://www.facebook.com/caribbeandandy
藤井悟 D.J.1985年頃からD.J.をはじめる。ロンドンナイト(椿ハウス)で遊びでD.J.を経験した後、西麻布P.PICASSO、青山MIX、西麻布328等、数多くのクラブやイベントでプレイ、2000年D.J.の松岡 徹(CLUB SKA)、須藤 一裕(ZOOT SUNRISE SOUNDS)達とCARIBBEAN DANDYを結成、現在に至る。現在、P.PICASSOを始め、80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。レゲエを中心としたカリブ海近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。2005年からイタリア・スペイン・バスク・フランス・アメリカ等を定期的にツアーをしており、イタリアではBANDA BASSOTTI主催のSTREET BEAT FESTIVALに出演しTHE SLACKERS、RUDE Hi-Fi、BOMBSHELL ROCKSと共にツアーを決行。ローマ公演にて一万人のオーディエンスの前でプレイを果たしました。2008年のアメリカツアーではVERY BE CAREFULと共にツアーを決行。L.A.で最も有名なクラブLA CITAやSAINT ROCKE等でプレイ。2009年には、RADICAL MUSIC NETWORKのメンバーとしてフジ・ロック・フェスティバル公演を 果たし新鮮な驚きと興奮で、クリスタル・パレスは一時入場制限が出たほどの盛り上がりを見せた。2010年のFUJI ROCK FESTIVALではCARIBBEAN DANDYを代表して藤井悟とTXAKOがブリテッシュ・ブルースの父と言われているJOHN MAYALLの息子で、GAZ MAYALL (THE TROJANS)の弟のJASON MAYALL aka CUMBIA KIDと「CUMBIAS、CUMBIAS、CUMBIAS」というチームを組んで出演している他、MANU CHAOの日本公演サポートDJに抜擢されている。2011年にはCARIBBEAN DANDYとEKDと共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURスペイン・フランス・バスクツアーを決行。スペインではACTUAL FESTIVALにて一万五千人のオーディエンスの前でプレイした事も記憶に新しい。去年のフジロックフェスティバルではFIGHT FOR RIGHTSを代表してMANU CHAO、DON LETS、OBRINT PAS、AMADOU & MARIAM等と共に出演を果たし。2012年にはCARIBBEAN DANDYとTEX & SUN FLOWER SEEDと共に5度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURを決行。最終日にはCARIBBEAN DANDY SELECTAは世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012のSKA CLUB STAGEのヘッドライナを務めました。さらに去年の12月には2度目となるアメリカツアーRADICAL MUSIC NETWORK US TOUR 2012を決行。また国内ではROCK ON THE ROCKとFUJI ROCK FESTIVAL 2008年・2009年・2010年・2011・2012年に5年連続出演している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、STEPPA、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。

家永直樹/NAOKI IENAGA (Dub Store Records) http://www.dubstore.co.jp/
ダブストア・レコーズ代表。スタジオワン公式エージェント。1991年より、ジャマイカ音楽を追求するため世界に飛び立ち、ジャマイカ、ロンドン、ニューヨーク、トロント、カリブ諸島、ヨーロッパなど世界のレゲエ界に精通する国際派。自身の音楽に対する思いを表現したリイシュー・レーベル「ダブストア・レコーズ」は世界的に高い評価を得ている。アフロ・カリビアン・ミュージックをジャズやブルース、ソウルと同等の地位まで押し上げることと、古き良き音楽が失われることなく次の世代に継承することを、全ての活動のコンセプトとしている。

Dr.IHARA (Club Ska) http://clubska.jp/
'80年代後半より自身のDJとしてのキャリアをスタート。 「LONDON NITE」「CLUB SKA」のメンバーとして Ska,Reggaeを中心にRhythm & Blues, Soul等のRoots MusicをPlayし続ける。 2008年、LONDON NITEを退いた後も、GAZ'S ROCKIN' BLUES, FUJI ROCK FESTIVAL等でのPlay〜バンド「KILL DEM」結成と、 精力的に活動。自身の「REBEL ROCK」を押し進める。1988年にスタートした「CLUB SKA」は30周年を迎えました。

LUI BLUESFACE http://bluestone-fire.com/lui/
1980年代より日本のMODSシーンにおいて欠かす事の出来ない存在として認知され、今尚その強烈な声とパフォーマンスはとどまる事なく進化し続けており四半世紀以上経った現在においてカリスマ的人気を博す。全国に多くのフォロワーが存在し、まさに日本の宝とも言うべき二人のヴォーカリスト_ 82フソロでの共演です。 昨年惜しまれつつ20年の活動に幕を降ろしたFacing Factsの主宰者、佐藤志朗がそのイカした選曲で花を添えます。ブラックミュージックの魂を完全に引き継ぎ、そのグルーヴを知り尽くした男達のクールでホットな夜です。ぜひ体現しに来てください!

TEX & SUN FLOWER SEED (小人数ver.)  http://www.tex-sfs.com/
2002年末、東京にて結成。ルーツレゲエ、スカ、ラテン、クンビア、ファンク等を呑み込んだラジカルなメッセージとレベルなパチャンガサウンドで、立て続けに5枚のCDをリリース。福岡SUNSET LIVEやフジロック・フェスティバルを始めとする野外フェスにも出演する傍ら、各地の「アースデイ」「earth garden」「Radical Music Network」「Natural High!」「Fight For Rights」「Peace Music Festa!辺野古」等、社会性の強いイベントへの出演も数多く、アコーステック編成の他、ソーラーパネルを使用しての太陽光発電ゲリラライブ等あらゆる環境下での活動を続ける。単身インドやキリバス共和国でのライブを行ったvoテツヤ、ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンへperとしてdsけんじが参加、MATE POWER (from Germany)にtb鉄観音が参加する等メンバーの課外活動も盛んに行う中、幾多のサウンド変遷を経るも、愚直なまでにストレートなメッセージは結成以来今も変わらない。2008年にはリコ・ロドリゲスも参加した『circle of LIFE』を制作し、初の欧州ツアー(スペイン/バスク)も決行。2011年、闘う国スペイン・バスク地方でのライブや、様々な海外アーティストとの共演を経て通算5枚目、『1945』を制作。EKD、MATE POWER (from Germany)、MIXに河村博司 (ex.ソウル・フラワー・ユニオン)など多彩なゲストを迎えている。今までのSKA、ROCK STEADY、REGGAE色から一変、LATIN、MESTIZO、CUMBIAからPACHANGAまで網羅したROCK LATINO、レベルミュージックバンドへと変貌を遂げた。同年9月には二度目となる海外ツアーFIGHT FOR RIGHTS SOUTH EUROPE TOUR 2011を決行。フランスを中心に7カ所を回り大成功を収める。2012年、Caribbean Dandyと共に三度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOUR 2012を決行。最終日にはCaribbean Dandyと共に、世界最大レゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012に出演。「いのちで遊べ。いのちで笑え。」地に根ざし泥臭くも実直に生きるあまたのいのちを鼓舞・祝福する唄を携え、不器用に、しかし実直にマイペースな活動を展開中。

LOS TEQUILA COKES http://www.facebook.com/lostequilacokes/?fref=ts 
CUMBIA CHICHA.LATIN.AFRO.REGGAE.PUNK...我々は、Los Tequila Cokesだ我々は、耳から直接侵入するヴァイブレーションにより中枢神経を直接刺激し、自立システムを強制的にDancing Modeへ書き換える。つまり我々と過ごす夜は、忘れられない夜となるだろう。

企画・制作・招聘:Japonicus
協力: Caribbean Dandy/Radical Music Network/Cafe Lavanderia/Clandestino/Pachamama/
Rebel Fiesta Party/Zoot Sunrise Sounds/discos Papkin/Rocket Music/

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.