FIGHT FOR RIGHTS Vol.78
「Rebel Fiesta Party」




MANU CHAO、FERMIN MUGURUZA、NATHEN MAXWELL (FLOGGING MOLLY)、BRAHMAN、OBRINT PAS、KING PRAWN (ASIAN DUB FOUNDATION)、DJ SCRATCHY (THE CLASH)、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA、VERY BE CAREFUL等の全世界で活躍するアーティストの出演で話題の『FIGHT FOR RIGHTS』。前回名古屋で行われた『FIGHT FOR RIGHTS』にMANU CHAOが出演し、入場規制がおきる程の盛り上がりを見せた事も記憶に新しいのでは?90年代から日本にCUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介し続けているJAPONICUSが始めた、本邦初のREBEL MUSICイベントである。そんな『FIGHT FOR RIGHTS』に韓国のルーツミュージックシーンを作り上げたレベルEASTERN STANDARD SOUNDS & friendsが登場!さらに日本の音楽シーンを代表するアーティスト、BONE & BEATS、UNDEFINED、JAGABE、DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM、LUI aka 杉村ルイ & friends、CARIBBEAN DANDY等も参戦。日本で本物のREBEL MUSICが聴けちゃいます! 
 
2017.1.18(thu) 下北沢 @ THREE  
Open: 18:30 / Start: 19:00 / Tickets: ¥2,800 /¥3,300 (+1D)  
前売りチケット予約・Three/Japonicus/discos Papkin/ 
お取り置きはこちらまで御連絡をお願いします。→ info@japonicus.com
Info: Three 03-5486-8804 / http://www.toos.co.jp/3/ 
 
featuring...  
 
EASTERN STANDARD SOUNDS & friends (from 韓国)  
BONE & BEATS 
UNDEFINED 
JAGABE 
DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM meets E.D.O. ECHO SOUND SYSTEM 
LUI aka 杉村ルイ & friends 
CARIBBEAN DANDY 
 
Guest DJs: SUGAR SUKYUEL (Kingston Rudieska)  
SMILEY SONG (NST & The Soul Sauce)  
CHEONG DAHL (Eastern Standard Sounds)  
SKA CHAMPION (Kingston Rudieska)  
 
DJs:  
藤井悟 (Clandestino)  
TETZ MATSUOKA (Club Ska)  
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)  
AMEMIYA KSK (discos Papkin)  
TXAKO (Japonicus)  
TAGOOD (Rebel Fiesta Party)  
YONESUKE SYSTEM (Pachamama)  
 
Visuals: MATCHA (Rebel Fiesta Party)  
 
FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS ホームページ
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo


FIGHT FOR RIGHTS http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan
ファイト・フォア・ライツは、JAPONICUSが企画を行っている「戦争反対!ファシズム反対!差別反対!」というメッセージを込めた音楽イベントです。FIGHT FOR RIGHTSは世界のREBEL MUSIC、ROCK LATINOシーンにいち早く着目し、日本で初めて非英語圏の本物のREBEL MUSIC、ROCK LATINO、CUMBIA、PATCHANKAを紹介。MESTIZO (混血)音楽のシーンを開拓してきました。そんなFIGHT FOR RIGHTSで活躍するFIGHT FOR RIGHTS DJsが2011年のフジロックフェスティバルではMANU CHAO、DON LETS、OBRINT PAS、AMADOU & MARIAM等と共にFIGHT FOR RIGHTSが出演し、去年、記念すべき開催70回を迎えたFIGHT FOR RIGHTS。2010年はFIGHT FOR RIGHTS名古屋公演にMANU CHAOが参加するなど、世界に誇れる日本のREBEL MUSICイベントとして広がりを見せており、また地方と海外で開催されたイベントを含めると95公演以上行われ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、VERY BE CAREFUL、BANDA BASSOTTI、BUNNY GANG feat NATHEN MAXWELL (from フロギング・モリー)、RUDE Hi-Fi、MATE POWER、KING PRAWN (from エイジアン・ダブ・ファウンデイション)、CHE SUDAKA、OBRINT PAS、ESNE BELTZA、DJ SCRATCHY (from ザ・クラッシュ)、FIDEL NADAL、ROY ELLIS、CARIBBEAN DANDY、BRAHMAN、こだま和文、TURTLE ISLAND、浅草ジンタ等、そうそうたるアーティストが参加している。そんな日本を代表するREBEL MUSICイベントならではの、ストリートに根ざしたプレイは必見です!


EASTERN STANDARD SOUNDS http://www.easternstandardsounds.com/ 
EASTERN STANDARD SOUNDSは、韓国を拠点に世界で活動を続けるミュージックレーベル。コリアンルーツミュージック、60'sレゲエ、ロックステディー、スカ、カリビアンミュージックを中心に扱っている。今回来日するNST & THE SOUL SAUCE、KINGSTON RUDIESKA、DJ SUGAR SUKYUEL、DJ SMILEY SONG、CHEONG DAHLもEASTERN STANDARD SOUNDS所属。そんな彼らの活動が日本で広く知られるようになったのは、2016年にリリースされたRICO RODRIGUEZのトリビュート作品「HEAVEN IS HERE / SONG FOR RICO」の影響が大きい。他にFUJI ROCK FESTIVAL 2016にNST & THE SOUL SAUCEとDJ SMILEY SONG とCHEONG DAHLが出演。2014年・2015年にはJAH SHAKA JAPAN TOURにSMILEY SONGがゲスト出演。PATO BANTON(英)の韓国ツアー、SIERRA NEVADA WORLD MUSIC FESTIVAL 2017 (米)、HONG KONG INTERNATIONAL REGGAE-SKA FESTIVAL 2017 (香港)、CIRCULART FESTIVAL 2017 (コロンビア)、K-MUSIC FESTIVAL (英)、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 & 2017 (日)、に出演する等、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで活動の幅を広げている彼ら。今回、EASTERN STANDARD SOUNDSの看板アーティストが揃って来日するという事で、韓国のルーツミュージックシーンの深い部分を知る大きなチャンスになるだろう。 
 
CARIBBEAN DANDY https://www.facebook.com/caribbeandandy
藤井悟 D.J.1985年頃からD.J.をはじめる。ロンドンナイト(椿ハウス)で遊びでD.J.を経験した後、西麻布P.PICASSO、青山MIX、西麻布328等、数多くのクラブやイベントでプレイ、2000年D.J.の松岡 徹(CLUB SKA)、須藤 一裕(ZOOT SUNRISE SOUNDS)達とCARIBBEAN DANDYを結成、現在に至る。現在、P.PICASSOを始め、80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。レゲエを中心としたカリブ海近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。2005年からイタリア・スペイン・バスク・フランス・アメリカ等を定期的にツアーをしており、イタリアではBANDA BASSOTTI主催のSTREET BEAT FESTIVALに出演しTHE SLACKERS、RUDE Hi-Fi、BOMBSHELL ROCKSと共にツアーを決行。ローマ公演にて一万人のオーディエンスの前でプレイを果たしました。2008年のアメリカツアーではVERY BE CAREFULと共にツアーを決行。L.A.で最も有名なクラブLA CITAやSAINT ROCKE等でプレイ。2009年には、RADICAL MUSIC NETWORKのメンバーとしてフジ・ロック・フェスティバル公演を 果たし新鮮な驚きと興奮で、クリスタル・パレスは一時入場制限が出たほどの盛り上がりを見せた。2010年のFUJI ROCK FESTIVALではCARIBBEAN DANDYを代表して藤井悟とTXAKOがブリテッシュ・ブルースの父と言われているJOHN MAYALLの息子で、GAZ MAYALL (THE TROJANS)の弟のJASON MAYALL aka CUMBIA KIDと「CUMBIAS、CUMBIAS、CUMBIAS」というチームを組んで出演している他、MANU CHAOの日本公演サポートDJに抜擢されている。2011年にはCARIBBEAN DANDYとEKDと共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURスペイン・フランス・バスクツアーを決行。スペインではACTUAL FESTIVALにて一万五千人のオーディエンスの前でプレイした事も記憶に新しい。去年のフジロックフェスティバルではFIGHT FOR RIGHTSを代表してMANU CHAO、DON LETS、OBRINT PAS、AMADOU & MARIAM等と共に出演を果たし。2012年にはCARIBBEAN DANDYとTEX & SUN FLOWER SEEDと共に5度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURを決行。最終日にはCARIBBEAN DANDY SELECTAは世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASHのSKA CLUB STAGEのヘッドライナを務めました。さらに去年の12月には2度目となるアメリカツアーRADICAL MUSIC NETWORK US TOUR 2012を決行。2013年にはDJ TXAKOが2度目となるROTOTOM SUNSPLASHとイタリアのARIANO FOLK FESTIVALを決行。2015年には藤井悟とTXAKOと共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURスペイン・カタロニア・バスクツアーを決行。カタロニアではCLOWNIA FESTIVALにて八千人のオーディエンスの前でプレイした事も記憶に新しい。去年の秋にはDJ TXAKOが2度目となるヨロッパツアーでメスティソ・ミュージックの本場バルセロナではあの有名な会場SALA APOLOにてCHICO TRUJILLOと共演。ツアーの最終日にはマヌ・チャオ主催の野外フェスティバルESPERANZAH FESTIVALのマヌ・チャオの後に一万五千人のオーディエンスの前でクロジング・アクトを務めました。2016年には藤井悟とTXAKOがチームを組んでカタロニアツアーを決行。さらに2017年には藤井悟とTXAKOはヨーロッパと初台湾ツアーを決行。また国内ではFUJI ROCK FESTIVAL 2008年から2017年まで9年連続出演している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、STEPPA、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。

UNDEFINED http://undefined-dub.com/ 
アンディファインド、キーボード&プログラミングのsahara (ex. The Heavymanners)と、ドラムスのohkuma (Soul Dimension)により結成されたエクスペリメンタル・ダブ・ユニット。2014年8月落合soupにてライブ始動後、dublab.jp主催「YEAR END LIVE SESSION 2015」at 代官山UNIT、世界最大のレゲエフェスティバル「INTERNATIONAL DUB GATHERING 2017 JAHPAN」at 心斎橋SUNHALLへの出演を果たす。2017年3月に初音源となる7インチ「after effect / quiet flame」をnewdubhallよりリリースし、アメリカ・ポートランドのZamZam Soundsをはじめ、フランス、ドイツ、スイスなど各国のメディアに取り上げられ、イギリスのレコード店では初回出荷分が数分で完売、再入荷分も即日完売するなど好評を得る。2018年初旬、新作7インチを発表予定。
 
DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM meets E.D.O. ECHO SOUND SYSTEM http://www.dubjuana.com/ 
ルーツ・レゲエ・サウンドからディープなダブ & ロック・サウンド。日本スカコア・シーンのパイオニアRUDE BONESと、レゲエ・シーンで要注目バンドであるV&40のトランペット奏者であり、HOME GROWNのツアーでRYO the SKYWALKERのバックも務めているSHIO-40 (Key/Tru)率いる5人編成インストバンド。同じくV&40のRYO (Drum)、PHugoのTAKUJI (Bass)、KOIDE (Gui)、KII (Per)。2013年からレゲエミュージックの新しい形を模索し、音楽をとうしての世界平和を真剣に考えるため東京杉並下井草近辺で結成...ROOTS、DUB、ROCKを基調としながらも様々な挑戦がちりばめられたORIGINAL TOKYO ROCKERS SOUNDは一撃必殺! 
 
SMILEY SONG (NST & The Soul Sauce) https://www.nst-thesoulsauce.com/ 
スマイリーソングは韓国のレゲエバンドNST & THE SOUL SAUCEのパーカッショニスト。幼い頃にブラックミュージックに影響を受け、ドラム・パーカッションを始めたというSMILEY SONG。NST & THE SOUL SAUCEでは2016年にフジロックに出演した他、SIERRA NEVADA WORLD MUSIC FESTIVAL出演を含むUSツアー、コロンビアツアー等を敢行し、成功を収めている。またDJ、劇団の音楽監督、サウンドディレクター、ミュージックレーベルEASTERN STANDARD SOUNDSのプロデューサー兼オーガナイザーとしても活動をしており、2014年・2015年にはJAH SHAKA JAPAN TOURにゲスト出演。2016年にはフジロックにDJとして出演している。日本のアーティストやDJとも親交が深く、日本語も堪能なSMILEY SONG。今回の来日公演では、韓国の民族音楽をベースにしたダブやレゲエ等の選曲に期待が高まる! 
 
SUGAR SUKYUEL (Kingston Rudieska) http://www.facebook.com/sukyuel 
シュガーソギュルは韓国のスカバンド、KINGSTONE RUDIESKAのヴォーカリスト。KINGSTONE RUDIESKAは韓国にスカ・レゲエ・ジャマイカンミュージックを広めた立役者で、韓国のみならず英国、日本、中国等で活動を続けている。また、SUGARはVINYL DJとしても有名で、東京のジャマイカン・ミュージックパーティーでDJをした経験を持つ。現在KOM AGENSと7×5=45 FAMILYという、様々なジャンルのセレクターが7インチのみでDJをするというプロジェクトをスタートさせたSUGAR。SKA、ROCKSTEADY、LOVERS ROCK等スウィートな選曲に定評があり、DJネームは彼が敬愛するSUGAR MINOTTからとったそう。 
 
CHEONG DAHL (Eastern Standard Sounds) www.easternstandardsounds.com/ 
韓国出身のレゲエ、ルーツスカ、ロックステディー、カリビアンミュージックのセレクター、CHEONG DAHL。CHEONG DAHLは、EASTERN STANDARD SOUNDSの創始者兼、韓国のスカバンドKINGSTONE RUDIESKAと、ルーツレゲエバンドNST & THE SOUL SAUCEのトランペティストとしても有名で、韓国のスカ・レゲエシーンの最重要人物である。過去にはLee Perry、Dr. Ring Ding、DJ Scratchy、Cumbia Kid、Txako等と共演。Hong Kong International Reggae-Ska Festiva、Sierra Nevada World Music Festival、Fuji Rock Festivalに出演した経験を持つ。 
 
SKA CHAMPION (Kingston Rudieska) https://www.kingstonrudieska.com/ 
DJ SKA CHAMPIONは韓国のスカバンド、KINGSTON RUDIESKAのトロンボーンプレイヤー。SKA、REGGAE、ROCKSTEADY、SOCA、DANCEHALL等のジャマイカンミュージックのDJとしても知られている。KINGSTON RUDIESKAで来日した経験を持つが、DJとしての来日は今回が初。持ち前の明るいキャラクターと抜群の選曲で、日本ダンスフロアを盛り上げてくれること請け合いだ。過去にはSTEPPING STONE FESTIVAL、PENTAPORT FESTIVAL、CLUB ELEVATOR(中)、CHANNEL 1969等に出演。Dr.Ring Dingと共演した“DISCOVERY OF LIFE”や、韓国で大ヒットを飛ばした“MY COTTON CANDY”のMVでSKA CHAMPIONの勇姿を観る事が出来る。 


企画・制作・招聘:Japonicus
協力: Caribbean Dandy/Eastern Standard Sounds/Radical Music Network/Clandestino/Pachamama/ 
Rebel Fiesta Party/Zoot Sunrise Sounds/discos Papkin/Three/フランケンの花嫁/ 

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.