FIGHT FOR RIGHTS vol.108




MANU CHAO、FERMIN MUGURUZA、NATHEN MAXWELL (FLOGGING MOLLY)、BRAHMAN、GAZ MAYALL (THE TROJANS)、ANGELO MOORE (FISHBONE)、OBRINT PAS、DJ SCRATCHY、KING PRAWN (元ASIAN DUB FOUNDATION)、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA、RANKIN TAXI等の全世界で活躍するアーティストの出演で話題の『FIGHT FOR RIGHTS』。前回名古屋で行われた『FIGHT FOR RIGHTS』にMANU CHAOが出演し、入場規制がおきる程の盛り上がりを見せた事も記憶に新しいのでは?90年代から日本にCUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介し続けているJAPONICUSが始めた、本邦初のREBEL MUSICイベントである。そんな『FIGHT FOR RIGHTS』にバスクから解散ツアーを発表したレジェンドバンドESNE BELTZA (エスネ・ベルサ)が登場!スペシャルゲストに日本の伝説レベルバンドTHE 3PEACEの原広明が仕切るGOODKIDaka&WAYWAVE、タートルアイランドのメンバーが仕切るALKDO、東京のクラブシーンを代表するCARIBBEAN DANDYと新たな風を巻き起こすミクスチャーバンドlawind等も参戦。笑って泣いて歌って踊れるESNE BELTZAの最後の晴れ舞台、絶対に見逃すな!

7.26(fri) SHINJUKU @ MARZ
Open/DJs Start: 18:30 / Start: 19:00 / End: 22:00
Tickets: Adv ¥4,000 / Door ¥4,500 (+1 Drink) 4/26(金)販売開始
イープラス/http://eplus.jp/sf/detail/4094860001-P0030001
新宿 Marz/discos Papkin/Japonicus/ 4/26(金)販売開始
前売りチケット → info@japonicus.com
  Info: Marz 03-3202-8248 / http://www.marz.jp/

  featuring...

ESNE BELTZA (バスク)
ALKDO/アルコド
GOODKIDSaka&WAYWAVE
lawind (o.a)
CARIBBEAN DANDY

Resident DJs:
藤井悟 (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
TXAKO (Japonicus)
TAGOOD (Monte Bailanta)
YONESUKE-SYSTEM (Stretch Four)
MATXA (Los Tequila Cokes)

visuals: MATCHA (Rebel Fiesta Party)


FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo

ESNE BELTZA http://esnebeltza.eus/
ヨーロッパ随一の人気を誇るバスクのESNE BELTZA(エスネベルサ)の、5度目の来日公演が決定した。今回の来日ではフジロックとFIGHT FOR RIGHTSに参戦する。元々FERMIN MUGURUZAのバックバンドを務めていたメンバーが始めたバンドであるESNE BELTZA。REBEL MUSIC、PATCHANKA、SKA、REGGAE、LATIN、CUMBIA、ROCK、DRUM 'N'BASS等をミックスしたメスティソ音楽を軸に、バスクの伝統楽器トリキティシャを重ねるというスタイルで一世を風靡した。ESNE BELTZAの中心メンバーであるソラーノは、トリキティシャの世界大会で連続優勝した実力者で、ストリート音楽とバスクの伝統音楽をクロスオーバーさせたプレイは世界で高い評価を獲得している。2008年に1stアルバム「Made in Euskal Herria」をリリース。2010年にはアルバム「Noa」と「esnesaltzailearena」を発表。「esnesaltzailearena」はESNE BELTZAをよりアコースティックにした、バスクの伝統音楽を際立たせたスタイルのESNE ZOPAK名義で制作。バスク音楽の歴史が感じられる芸術的な作品で、日本を含む世界の音楽シーンに衝撃を与えた。2011年には「Freedom 3 Kolpetan」を発表。2013年に「Gora!」、2015から2016年に「Esna」、「Esna 2」の二部作をリリース。その後2018年に「Ni」を発表し、2023年に「esne bidea」をリリースした。この最新作はESNE BELTZAのお家芸であるトリキティシャ+パチャンカに、EDMや打ち込みを取り入れた新感覚のREBEL MUSICを体現。現在「esne bidea」はスペインのPremios MIN 2024の7部門にノミネートされている。ESNE BELTZAは日本と非常に縁が深いバンドで、2009年に初来日し、RADICAL MUSIC NETWORKとフジロックに出演。フジロックではオレンジコート、カフェドパリ、木道亭と複数のステージでパフォーマンスを行い、ファンのベストアクトに選ばれるほどの素晴らしいLIVEを披露した。2010年にはESNE ZOPAK名義で来日。トヨタロックフェスティバル、FIGHT FOR RIGHTSに出演している。2015年には橋の下音楽祭、NATURAL HIGHに出演。2018年の4度目の来日ではRADICAL MUSIC NETWORKとフジロックのホワイトステージに出演している。過去にはFERMIN MUGURUZA、LA PEGATINA、MANU CHAO、CARIBBEAN DANDY、BOIKOT、EKD、RUDE Hi-Fi、渡辺俊美、TURTLE ISLAND、浅草ジンタ、RUB-A-DUB MARKET等と共演。世界中をツアーし、名実共にバスクのトップバンドに成長したESNE BELTZAだが、残念なことに今回のツアーの終了後に解散する事を発表している。ほとばしるエネルギーと観客の感情を揺さぶるステージング!笑って泣いて歌って踊れるESNE BELTZAの最後の晴れ舞台、絶対に見逃すな!

CARIBBEAN DANDY www.facebook.com/caribbeandandy
80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。ワールドミュージックを中心としたラテン近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-BALKAN-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。FUJI ROCK FESTIVAL、RADICAL MUSIC NETWORK、朝霧ジャム、ROTOTOM SUNSPLASH FESTIVAL (スペイン)、STEPPING STONE FESTIVAL (韓国)、CLOWNIA FESTIVAL (カタルーニャ)、URBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL (台湾)、ACTUAL FESTIVAL (スペイン)等の国内外のフェスから大小さまざまなクラブ、ライブハウス、バーなどで活動している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、THE BEAT、FLOGGING MOLLY、ANGELO MOORE、GAZ MAYALL等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY、STAR TIME等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。

ALKDO/アルコド http://www.facebook.com/alkdo.asia
愛知は三河、豊田市を拠点に国内外で活動する大所帯バンド「TURTLE ISLAND」のフロントマンである永山愛樹 (Vo,G) と竹舞 (Vo, 太鼓 ) からなる最小編成、東洋産アコースティックパンク DUO。アジアの音と極東 ZUN-DOKO BEAT に乗せた唄とスピリット、シンプル且つ独自の音楽と唄の世界を表現する。現代アジアの原始的音楽。基本は 2 人だが、その時々各地で様々なメンバーが加わりながら形を変え全国津々浦々巡業を続けている。バンド名「ALKDO/アルコド」とは、愛樹のルーツである朝鮮半島の言葉でアルは「naked」、コドは「亀島 /TURTLE ISLAND」で、「Naked Turtle Island」要は「Acoustic Turtle Island」の意の造語である。

GOODKIDaka&WAYWAVE
元THE3PEACE、作曲家、音楽プロデューサー原広明のソロユニットTHEGOODKIDS aka。今回は原広明、WAYWAVE、マニュピレーターの奥村によるユニットで登場。バンド編成の時はスカパラから茂木欣一、大森はじめ、tatsu(レピッシュ)奥野真哉(ソウルフラワーユニオン)フジイケンジ(TheBirthday)などの錚々たるメンバーでライブを行なう。「原の作詞作曲による楽曲は90年代のヒップホップやテクノ、オルタナティブロック等をベースにしながらも、完全に2020年代の音楽として聴ける新鮮なダンスミュージックである」小野島大2024年ミュージックマガジン1月号より。

lawind
2023年結成。lawとwindの造語「法則を捻じ曲げ、新たな風を巻き起こす」Mixture Band。Dirty Heads/Sublime/Long Beach Dub Allstarsなどに影響を受け、Reggae/Rockを軸にSka/Punk/Hip-Hop/EDM/Dubなど、あらゆるジャンルをMixした独自の音楽性を持つ。バラエティーに富んだ楽曲に加え、ライブ巧者のパフォーマンスは必見必聴!

藤井悟aka SATOL.F (Caribbean Dandy) www.facebook.com/caribbeandandy
80年代中期から日本のレゲエ・ロック・パンク・レベルミュージックDJの草分けとして活動してきた藤井悟 aka SATOL.F。椿ハウス、P.PICASSO、MIXなどのクラブでDJのキャリアをスタートさせ、松岡徹(CLUB SKA)、須藤一裕 (THE ZOOT 16)らと共にCARIBBEAN DANDYを結成。現在結成約20年目を迎える。スペースシャワーTVの司会を務めるなど、東京のアンダーグラウンドシーンのレジェンドDJとして第一線で活躍してきた藤井悟。80年代から90年代はレゲエ・ロックを軸にスカ・パンク・アフロミュージックを織り交ぜるDJスタイルを得意としていたが、2000年前後からラテン・メスティソ・パチャンカ・クンビア・ロックラティーノ・レベルミュージックに興味を持ち始め、セットリストに加えるように。世界中の音楽を縦横無尽に混血させる独自の選曲は、世界でも高い評価を獲得している。国内ではRADICAL MUSIC NETWORKやFIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、STAR TIMEのレギュラーDJを務めている他、FUJI ROCK FESTIVAL、朝霧ジャム、EARTH GARDEN、GO OUT JAMBOREE、橋の下音楽祭のフェスティバルに出演。海外では2005年にイタリアのSTREET BEAT FESTIVALに出演。2009年、2012年にUSツアーを行った他、2011年、2012年、2015年、2016年、2017年、2018年にヨーロッパツアーを決行。ACTUAL FESTIVAL、CLOWNIA FESTIVALや、世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012等に出演している。最新の活動では台湾のURBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL、韓国のSTEPPING STONE FESTIVALに出演。過去にはRICO RODRIGUEZ、ROY ELLIS、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、GAZ MAYALL、THE BEAT、THE SLACKERS、FLOGGING MOLLY、MIMI MAURA、VERY BE CAREFUL、DJ SCRATCHY等、世界トップクラスのアーティストと共演。常に時代を先取りし続けてきた藤井悟にしか成し得ない究極のエンターテイメントをとくとご覧あれ!

TETZ MATSUOKA (Club Ska) http://www.facebook.com/caribbeandandy
80年代半ばTOOL'S BARでDJデビューをしたTETZ MATSUOKA。ツバキハウス、P,PICASSO等でのDJを経て、CLUB SKAの創始者メンバーとして活動。SKA、REGGAEは勿論、CUMBIA、AFRICAN、MENTO、JUNGLE、REBEL MUSIC等をMIXさせたDJに定評がある。現在CLUB SKA、CARIBBEAN DANDYのメンバーとして精力的に活動を行なっているTETZ MATSUOKA。日本のみならず米国、ヨーロッパ、韓国等でも公演を行なっている。過去にはRICO RODRIGUEZ、ROY ELLIS、MANU CHAO、THE SKATALITES、GAZ MAYALL、THE BEAT、THE SLACKERS、NATHEN MAXWELL & THE ORIGINAL BUNNY GANG (from FLOGGING MOLLY)、ANGELO MOORE、RUDE Hi-Fi、VERY BE CAREFUL、DJ SCRATCHY等、世界トップクラスのDJと共演している。

KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds) www.facebook.com/KAZ.SUDO
MESTIZO、CUMBIA、ROCK LATINO、PATCHANKA、BOOGALOO、REGGAE、ルーツミュージックに傾倒しラテン、メスティソ (混血)、ロックラティーノ・シーンの裾野を拡げるレベルミュージック・セレクタズ<Caribbean Dandy>としてレギュラーパーティー「RADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY」他、海外アーティストの国内外のツアーに参加。TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美氏のソロユニット<THE ZOOT 16>ではDJを務め、また日々更新されるシーンのリリースからセレクトするハイブリッドショップ、ZOOT SUNRISE SOUNDSの代表でもある。音楽の持つ不良性に魅かれる。

AMEMIYA KSK (discos Papkin) http://discospapkin.com/
山梨県甲府市出身。DJ Crew「Caribbean Dandy」の一員として国内外のフェスから大小さまざまなクラブ、ライブハウス、バーなどで活動。これまでにレゲエ専門ではないDJ/クリエイターによるレゲエ・ミックスCDシリーズ「Strictly Rockers」から世界の裏打ちと銘打った「El Ritmo Del Mundo De Atras」をリリース。2012年よりセレクト・CD/レコード・ショップ「discos PAPKIN」をネット上にオープン。ラテン、レゲエ、アフリカ、メスティソ、ブラジリアン等ジャンルに囚われない自身のレコードバッグの中身そのまま、心に響く意識に刻まれる共有したい音楽を現場仕込みのセレクションで紹介。現在はネットだけでなく出張販売も頻繁に行っている。

DJ TXAKO (Japonicus) www.facebook.com/djtxako
音楽団体JAPONICUSの専属DJとしてデビューし、東京のセレクター集団CARIBBEAN DANDYの紅一点として国内外で活動しているDJ TXAKO (チャコ)。国内では2008年から2019年、2023年と13回フジロックフェスティバルに出演しており、2014年にはクリスタルパレスのクロージングアクトを務めている。観客を踊らせるWORLD MUSIC、ROCK LATINO、PATCHANKA、REGGAE、SKA、CUMBIA、JUNGLE、REBEL MUSICを中心にプレイ。海外ではARIANO FOLK FESTIVAL (イタリア)・VIVE LATINO (メキシコ) ・PLAYTIME FESTIVAL (モンゴル)・EHZ FESTIBALA (フランス)等に出演している。また、集客数30万人を超える世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH (スペイン)に2年連続出演している他、ラテン音楽の本場プエルトリコへの遠征や、バルセロナの名所SALA APOLOでCHICO TRUJILLOと共演。MANU CHAO主催のESPERANZAH! WORLD MUSIC FESTIVAL 2015でクロージングアクトを務めるという日本人DJ初の快挙を成し遂げている。これまでにRICO RODRIGUEZやMANU CHAO、FISHBONE、GAZ MAYALL、FLOGGING MOLLY等、海外のアーティストのサポートDJも行っている彼女。2022年にはヨーロッパツアー、2023年にはアジアツアーを行い、笑顔で世界中のオーディエンスを踊らせている。

TAGOOD (Monte Bailanta) www.facebook.com/DJ.TAGOOD
ラテンミュージックの深層を探るべく、コロンビア、アルゼンチン、ペルー、メキシコ等、現地のレコード屋、ストリート、はたまた、コレクター宅に、お邪魔してレコード収集。CUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOを中心にセレクト。2010年スペイン、バスク、2012年ロサンゼルス、2015年プエルトリコ等海外でプレイ。「FIGHT FOR RIGHTS」「REBEL FIESTA PARTY」「PACHAMAMA」「MURGA CUMBIERA」のレギュラーイベントの他にもRADICAL MUSIC NETWORK、朝霧 JAM、アースガーデン等に出演している。JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイスト、VERY BE CAREFUL、MATE POWER、EL HIJO DE LA CUMBIA、ROLANDO BRUNO、CUMBIA KID、LOS CHINCHILLOS DEL CARIBE、ESNE BELTZA、CARIBBEAN DANDY、BAD SOUND SYSTEM、MIMI MAURA、THE DOLOMITES、EKD等の国内外のツアーでDJを行っている。

YONESUKE-SYSTEM (Stretch Four) http://www.stretch-four.com/
DJ、ミュージシャン、デザイナーをこなすマルチアーティストYONESUKE-SYSTEMはSELECTORが集まって結成されたCREW「PACHAMAMA」のメンバーとして活動しており、REGGAE、DUB、CUMBIA、HIP HOP、MESTIZO、ROCK LATINO等をMIXさせた変幻自在なDJに定評あり。最近バスケットボールをテーマにアパレルブランドSTRETCH FOUR(ストレッチ・フォー)を設立。RUDIES NIGHT、PACHAMAMAのレギュラーイベントの他にもRADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS等に出演している。JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイスト、GAZ MAYALL、ANGELO MOORE、DJ SCRATCHY、ESNE BELTZA、VERY BE CAREFUL、MATE POWER、ESNE BELTZA、MIMI MAURA、TXARANGO、CARIBBEAN DANDY、渡辺俊美、MIDORINOMARU、EKD等の国内外のアーティストたちとDJを行っている。

MATXA (Los Tequila Cokes) www.facebook.com/lostequilacokes/
DJ、VJ、ミュージシャン、ビデオメイカーをこなすマルチアーティストMATXA。現在クンビアバンド「Los Tequila Cokes」の一員として都内のクラブ、ライブハウス、バーなどで活動。2013年頃より国内のイベントやパーティなど様々な会場でDJプレイの他にRADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、REBEL FIESTA PARTYのギュラーとしても活動中。

企画・制作・招聘:Japonicus
協力:調布Gaz`s Rockin`Blues/調布Cross/Caribbean Dandy/ Radical Music Network/Clandestino/
Rebel Fiesta Party/Pachamama/discos Papkin/Zoot Sunrise Sounds/Murga Cumbiera/

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.