FIGHT FOR RIGHTS vol.106




FIGHT FOR RIGHTSは90'sから日本にCUMBIA、SKA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介しているJAPONICUSが始めたレベルミュージックイベント。今回のゲストは英国を代表するスカ・レゲエバンド、THE TROJANSのリーダー GAZ MAYALLとDJ RUBY FLASHMANが登場!そして韓国の名門レーベルEASTERN STANDARD SOUNDSよりスキンヘッドレゲエバンドTHE RESETERSとDJ CHEONG DAHLが出演決定!さらにDUB STOREの家永直樹、CLUB SKAのDr.IHARA、CARIBBEAN DANDY、STOMPIN'RIFFRAFFS、THE MINNESOTA VOODOO MENも参戦する。過去にはMANU CHAO、ANGELO MOORE、BRAHMAN、NATHEN MAXWELL of FLOGGING MOLLY、FERMIN MUGURUZA、VERY BE CAREFUL、KING PRAWN (ex ASIAN DUB FOUNDATION)、OBRINT PAS、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA等、錚々たるアーティストが出演しているFIGHT FOR RIGHTS。今回は英国人、韓国人、日本人アーティストの共演で、どんな化学反応が起きるのか?濃密な時間を一緒に過ごしましょう。

2024.8.12(mon) 調布 @ CROSS
Open/DJs Start: 18:00 / Ends: 23:00
Tickets: Adv ¥4,000 / Door ¥4,500 (+1D)
Livepocket Ticket http://t.livepocket.jp/e/6mniy
調布Cross/discos Papkin/Japonicus/5月1日発売開始
Info: Cross 042-490-7301 / http://cross.toos.co.jp/

featuring...

GAZ MAYALL (英)
THE RESETERS (韓国)
THE MINNESOTA VOODOO MEN
STOMPIN`RIFFRAFFS
CARIBBEAN DANDY

Guest DJs:
RUBY FLASHMAN(Gaz`s Rockin`Blues) from UK
家永直樹 (Dub Store Records)
CHEONG DAHL (Eastern Standard Sounds) from 韓国
Dr.IHARA (Club Ska)

Resident DJs:
藤井悟 (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
TXAKO (Japonicus)
TAGOOD (Monte Bailanta)
YONESUKE-SYSTEM (Stretch Four)
MATXA (Los Tequila Cokes)

visuals: MATCHA (Rebel Fiesta Party)


FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS
http://www.japonicus.com
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo


CARIBBEAN DANDY www.facebook.com/caribbeandandy
80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。ワールドミュージックを中心としたラテン近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-BALKAN-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。FUJI ROCK FESTIVAL、RADICAL MUSIC NETWORK、朝霧ジャム、ROTOTOM SUNSPLASH FESTIVAL (スペイン)、STEPPING STONE FESTIVAL (韓国)、CLOWNIA FESTIVAL (カタルーニャ)、URBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL (台湾)、ACTUAL FESTIVAL (スペイン)等の国内外のフェスから大小さまざまなクラブ、ライブハウス、バーなどで活動している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、THE BEAT、FLOGGING MOLLY、ANGELO MOORE、GAZ MAYALL等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY、STAR TIME等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。

GAZ MAYALL http://www.gazrockin.com/
英国を代表するスカ・レゲエバンド、ザ・トロージャンズのリーダーGAZ MAYALL(ギャズ・メイオール)。ブリテッシュ・ブルースの父ジョン・メイオールの長男として生まれ、幼少期から音楽に囲まれて育つ。若かりし頃からジャマイカンミュージック、R&B等のレコードを集め始め、今では世界有数のレコードコレクター/DJとなった。彼がオーガナイズするクラブイベントGaz's Rockin`Bluesはロンドンで最も長く続いているクラブイベントで、今年で42年目を迎える。

THE RESETERS http://linktr.ee/thereseters
2018年に結成された韓国唯一のボスレゲエ、スキンヘッドレゲエバンド、THE RESETERS(ザ レセッターズ)。Toots and The MaytalsやHarry J All Stars、Dave and Ansel Collins、The Melodians等の60年代のバンドや英国の2トーンスカバンドから影響を受けて、ヴォーカルギターのキム・ジャンヒョプを中心にベース、ドラム、ギター、オルガン、パーカッションという編成で活動中。これまでにアルバム1枚、シングル2枚、EP1枚発表しており、2024年には韓国の名門レーベルEastern Standard Soundsから3枚のシングルをリリースする予定。日本に来日するのは2度目。今回の来日ではギャズ・メイオールとJAPONICUSが主宰するGaz`s Rockin`BluesとFight For Rightsに韓国から参戦する。フロントマンのカリスマ性は勿論、ヴィンテージでアナログライクな音作りで、日本の音楽ファンの心を鷲掴みにする事間違いなしだ。

STOMPIN` RIFFRAFFS http://www.stompinriffraffs.com/
2006年より活動しているハイエナジー、フルパワーなRocknRoll BAND。WILDなSOUNDとド派手なパフォーマンスは必見!数々のアルバム・シングルのリリースを経て、2015年よりロサンゼルスに拠点を置くレコードレーベル「Wild Records」に所属。近年はジャンルを越えて様々なイベントに出演。日本国内に留まらず、アメリカやヨーロッパなど海外のフェス・イベントでの活動も勢力的に行なっている。Rebel Night Weekender(NY)やVIVA LAS VEGAS(Las Vegas)、ROCKIN'RACE(SPAIN)、Bethune retro(FRANCE)、Hipsville(ENGLAND)、ponderosa stomp(New Orleans)Nashville boogie2019(Nashville)、Meredith Music Festiva(Meredith Australia)等のFesに出演。

THE MINNESOTA VOODOO MEN http://theminnesotavoodoomen.jimdofree.com/
1996年頃、FabianとRingoが運命的な出会いを果たし、バンド始動。その後メンバーチェンジ、活動休止期間を経て、2005年Peteが正式加入し現在のメンバーに。2010年頃より本格的に世界進出。有名ガレージフェスでヘッドライナーを務めるなど、ヨーロッパ各国でのツアー、リリースに加え、オーストラリア、アジアツアーなど現在進行形のガレージモンスター!3ピースというシンプルなスタイルながらも、R&B、R&R、ブルース、サーフ、ブリティッシュビート、パブロック等確かなルーツとセンス、そしてテクニックを兼ね備えたメンバーがド派手なパフォーマンスで繰り広げる熱狂的なステージは必見。

家永直樹 http://www.dubstore.co.jp/
ダブストア・レコーズ代表。スタジオワン公式エージェント。レコードシティ・オーナー。1991年より、ジャマイカ音楽を追求するため世界に飛び立ち、ジャマイカ、ロンドン、ニューヨーク、トロント、カリブ諸島、ヨーロッパなど世界のレゲエ界に精通する国際派。 自身の音楽に対する思いを表現したリイシュー・レーベル「ダブストア・レコーズ」は世界的に高い評価を得ている。アフロ・カリビアン・ミュージックをジャズやブルース、ソウルと同等の地位まで押し上げることと、古き良き音楽が失われることなく次の世代に継承することを、全ての活動のコンセプトとしている。

Dr.IHARA http://twitter.com/clubska_jp
80年代後半よりDJとしてのキャリアをスタート。 「LONDON NITE」「CLUB SKA」のメンバーとしてSka, Reggaeを中心にRhythm & Blues, Soul等のRoots MusicをPlay。2008年にLONDON NITEを退いた後も、GAZ'S ROCKIN' BLUES, FUJI ROCK FESTIVAL, 来日アーティストのLive ShowでのPlay等、精力的に活動。 自身の「REBEL ROCK」提示を続ける。1988年にスタートした「CLUB SKA」は今年35周年を迎え、今春Anniversary Partyを成功させた。また、FUJIROCKERS.ORG主宰の花房浩一氏と共にFUJIROCKERS BARを継続開催している。

CHEONG DAHL (Eastern Standard Sounds) www.easternstandardsounds.com/
韓国出身のレゲエ、ルーツスカ、ロックステディー、カリビアンミュージックのセレクター、CHEONG DAHL。CHEONG DAHLは、EASTERN STANDARD SOUNDSの創始者兼、韓国のスカバンドKINGSTON RUDIESKAと、ルーツレゲエバンドNST & THE SOUL SAUCEの元トランペティストとしても有名で、韓国のスカ・レゲエシーンの最重要人物である。過去にはLee Perry、Dr. Ring Ding、DJ Scratchy、Cumbia Kid、Txako等と共演。Hong Kong International Reggae-Ska Festiva、Sierra Nevada World Music Festival、Fuji Rock Festival、Fight For Rightsに出演した経験を持つ。

RUBY FLASHMAN http://www.instagram.com/djrubyflashman/
ロンドンを拠点にGaz's Rockin'BluesでDJとして活躍しているルビー フラッシュマン。選曲はR&B、SKA、ROCKSTEADY、REGGAE、SOUL、JAZZ、BLUES、CALYPSO、R&R、LATIN、日本音楽と幅広く、60年代から70年代のルーツミュージックを得意としている。エレガントでレトロな映画女優のような彼女の雰囲気と選曲が非常にマッチしており、Gaz's Rockin'Bluesにはなくてはならない存在である。過去にはGlastonbury FestivalやNotting Hill Carnival等に出演。ストリーミングのラジオショー等にも出演している。

藤井悟aka SATOL.F (Caribbean Dandy) www.facebook.com/caribbeandandy
80年代中期から日本のレゲエ・ロック・パンク・レベルミュージックDJの草分けとして活動してきた藤井悟 aka SATOL.F。椿ハウス、P.PICASSO、MIXなどのクラブでDJのキャリアをスタートさせ、松岡徹(CLUB SKA)、須藤一裕 (THE ZOOT 16)らと共にCARIBBEAN DANDYを結成。現在結成約20年目を迎える。スペースシャワーTVの司会を務めるなど、東京のアンダーグラウンドシーンのレジェンドDJとして第一線で活躍してきた藤井悟。80年代から90年代はレゲエ・ロックを軸にスカ・パンク・アフロミュージックを織り交ぜるDJスタイルを得意としていたが、2000年前後からラテン・メスティソ・パチャンカ・クンビア・ロックラティーノ・レベルミュージックに興味を持ち始め、セットリストに加えるように。世界中の音楽を縦横無尽に混血させる独自の選曲は、世界でも高い評価を獲得している。国内ではRADICAL MUSIC NETWORKやFIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、STAR TIMEのレギュラーDJを務めている他、FUJI ROCK FESTIVAL、朝霧ジャム、EARTH GARDEN、GO OUT JAMBOREE、橋の下音楽祭のフェスティバルに出演。海外では2005年にイタリアのSTREET BEAT FESTIVALに出演。2009年、2012年にUSツアーを行った他、2011年、2012年、2015年、2016年、2017年、2018年にヨーロッパツアーを決行。ACTUAL FESTIVAL、CLOWNIA FESTIVALや、世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012等に出演している。最新の活動では台湾のURBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL、韓国のSTEPPING STONE FESTIVALに出演。過去にはRICO RODRIGUEZ、ROY ELLIS、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO、GAZ MAYALL、THE BEAT、THE SLACKERS、FLOGGING MOLLY、MIMI MAURA、VERY BE CAREFUL、DJ SCRATCHY等、世界トップクラスのアーティストと共演。常に時代を先取りし続けてきた藤井悟にしか成し得ない究極のエンターテイメントをとくとご覧あれ!

TETZ MATSUOKA (Club Ska) http://www.facebook.com/caribbeandandy
80年代半ばTOOL'S BARでDJデビューをしたTETZ MATSUOKA。ツバキハウス、P,PICASSO等でのDJを経て、CLUB SKAの創始者メンバーとして活動。SKA、REGGAEは勿論、CUMBIA、AFRICAN、MENTO、JUNGLE、REBEL MUSIC等をMIXさせたDJに定評がある。現在CLUB SKA、CARIBBEAN DANDYのメンバーとして精力的に活動を行なっているTETZ MATSUOKA。日本のみならず米国、ヨーロッパ、韓国等でも公演を行なっている。過去にはRICO RODRIGUEZ、ROY ELLIS、MANU CHAO、THE SKATALITES、GAZ MAYALL、THE BEAT、THE SLACKERS、NATHEN MAXWELL & THE ORIGINAL BUNNY GANG (from FLOGGING MOLLY)、ANGELO MOORE、RUDE Hi-Fi、VERY BE CAREFUL、DJ SCRATCHY等、世界トップクラスのDJと共演している。

KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds) www.facebook.com/KAZ.SUDO
MESTIZO、CUMBIA、ROCK LATINO、PATCHANKA、BOOGALOO、REGGAE、ルーツミュージックに傾倒しラテン、メスティソ (混血)、ロックラティーノ・シーンの裾野を拡げるレベルミュージック・セレクタズ<Caribbean Dandy>としてレギュラーパーティー「RADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY」他、海外アーティストの国内外のツアーに参加。TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美氏のソロユニット<THE ZOOT 16>ではDJを務め、また日々更新されるシーンのリリースからセレクトするハイブリッドショップ、ZOOT SUNRISE SOUNDSの代表でもある。音楽の持つ不良性に魅かれる。

AMEMIYA KSK (discos Papkin) http://discospapkin.com/
山梨県甲府市出身。DJ Crew「Caribbean Dandy」の一員として国内外のフェスから大小さまざまなクラブ、ライブハウス、バーなどで活動。これまでにレゲエ専門ではないDJ/クリエイターによるレゲエ・ミックスCDシリーズ「Strictly Rockers」から世界の裏打ちと銘打った「El Ritmo Del Mundo De Atras」をリリース。2012年よりセレクト・CD/レコード・ショップ「discos PAPKIN」をネット上にオープン。ラテン、レゲエ、アフリカ、メスティソ、ブラジリアン等ジャンルに囚われない自身のレコードバッグの中身そのまま、心に響く意識に刻まれる共有したい音楽を現場仕込みのセレクションで紹介。現在はネットだけでなく出張販売も頻繁に行っている。

DJ TXAKO (Japonicus) www.facebook.com/djtxako
アルゼンチン・カタルーニャ・バスク・スペイン・イタリア・フランス・ジャマイカ・プエルトリコ・ドイツ・コスタリカ等、数多くの海外アーティストを日本に招聘している音楽団体JAPONICUSの専属女性DJとしてデビューしたDJ TXAKO (チャコ)。日本では殆ど知られていなかったPATCHANKA・MESTIZO・CUMBIA・ROCK LATINO・BALKAN・LATIN SKA・REBEL MUSICといった音楽を、CARIBBEAN DANDYと共に日本に広めた立役者であり、特にPATCHANKAに関しては世界トップクラスのDJとして広く知られ、2008年から2019年まで12年連続でフジロックフェスティバルに出演するなどの快挙を成し遂げている。デビュー以来、年間平均して約120日DJを務めている彼女だが、2008年からスペイン・バスク・フランス・アメリカ・イタリア等の海外でも定期的にプレイ。 L.A.では最も有名なラテンクラブLA CITA、SAINT ROCKE、LOS GLOBOS、THE VEX等に出演している。2009年にはTURTLE ISLANDのサポートDJとしてヨーロッパツアーを敢行し大成功を収め、2010年にはブリテッシュ・ブルースの父と言われているJOHN MAYALLの息子、GAZ MAYALL (THE TROJANS)の弟のCUMBIA KIDと藤井悟とCUMBIAS、CUMBIAS、CUMBIASというチームを組み、フジロック出演を果たした。2011年にはRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOUR 2011のメンバーとしてスペイン・フランス・バスクツアーを決行し、スペインのACTUAL FESTIVALで1万5千人のオーディエンスの前でプレイをした他、MANU CHAOの日本公演サポートDJに大抜擢されている。そして2012年には、CARIBBEAN DANDYと共に5度目の海外ツアーを行った彼女。集客数30万人を超える世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012のSKA STAGEのヘッドライナーを務めた。2013年にはSKAFF-LINKSと共に自身8度目となる海外ツアーを決行。イタリアのARIANO FOLK FESTIVALのメインステージのヘッドライナーとして、1万人のオーディエンスを沸かせ、スペインではボブ マーリーの息子、ダミアン マーリーがヘッドライナーを務めたROTOTOM SUNSPLASH 2013に日本代表として出演。骨太なDJスタイルで一万人規模のオーディエンスを熱狂させた。今までターンテーブルやミキサーといった機材を所有したことがなく、DJセットを作りこまずに会場の雰囲気に合わせてその場で選曲するという彼女。そのライブ感の強い非凡なDJスタイルが、唯一無二の世界観を創造するひとつの理由になっている事は間違いないだろう。2014年には、イタリアのTALCOとドイツのMATE POWERと共にフジロックとラジカルミュージックネットワークに出演。2015には、ラテン音楽の本場であるプエルトリコとメスティソ音楽の本場であるバルセロナ遠征を行った。具体的には、夏にCARIBBEAN DANDYの藤井悟と共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURを決行。スペイン・カタルーニャ・バスクを巡り、カタルーニャではCLOWNIA FESTIVALで八千人のオーディエンスの前でプレイした。同年秋には2度目となるヨーロッバツアーバルセロナで最も有名な会場SALA APOLOにてCHICO TRUJILLOと共演。ツアーの最終日にはMANU CHAO主催の野外フェスティバルESPERANZAH WORLD MUSIC FESTIVAL 2015のメインステージのクロージングアクトを務め、一万五千人の観客を踊らせるというアジア人初の快挙を成し遂げた。世界中のバンドやアーティストとの親交が深く、これまでに共演した海外のバンドの数は150バンド以上にのぼるという彼女。2016年には活動の幅をアジアにも広げ、FERMIN MUGURUZAとサウンドシステムスタイルでベトナムツアーを決行し、大成功を収めている。2017年にはソロでメキシコツアーを行い、世界最大のラテンロックの祭典VIVE LATINOに出演した他、台湾ツアーを行い、URBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVALのクロージング・アクトを務めている。確実にオーディエンスを踊らせる彼女の選曲はラテン文化圏で特に人気が高く、2016年にバルセロナのSALA APOLOにて単独公演を行った際、チケットがソールドアウト。メキシコのワンマンライブでも彼女の姿を一目見ようと500人の観客が押し寄せている。2018年は台湾のフェスや韓国のDMZ PEACE TRAIN MUSIC FESTIVAL、STEPPING STONE FESTIVALの他、ヨーロッバのカタルーニャとバスクツアーを決行。カタルーニャではMERCAT DE MUSICA VIVA DE VICにて2万人のオーディエンスの前でブレイ。国内のフジロックとラジカルミュージックネットワークでは、米国のFISHBONEのANGELO MOOREと共演した。 2019年は台湾、韓国のZANDARI FESTA、モンゴルのPLAYTIME FESTIVALの他、FISHBONE、FLOGGING MOLLYのツアーサポートDJを務めた。2020年はコロナ禍の影響を受け、DJが激減してしまった彼女だが、バスクのWILLIS DRUMMONDの全国ツアーのサポートDJや英国のDJ SCRATCHYのサポート、妙高高原で開催されたM FESTIVAL等に出演している。 2015年には自身初のMIX CD「Cafe Bohemia 〜Drip on All Gypsies〜」をリリース。彼女と親交が深いアーティストの楽曲がドラマチックに紹介されている。同年にヨーロッパでメジャーデビューが決まり、現在欧州ではPRODUCCIONS SUBMARINESに所属している。過去にはRICO RODRIGUEZ、ROY EllIS、FLOGGING MOLLY、FISHBONE、MANU CHAO、FERMIN MUGURUZA、MIMI MAURA、BRAHMAN、加藤登紀子、GAZ MAYALL、BUNNY GANG feat NATHEN MAXWELL of FLOGGING MOLLY、GLEN MATLOCK (SEX PISTOLS)、喜納昌吉、FISHBONE SOUND CLASH、THE TOASTERS、CHE SUDAKA、シアターブルック、ESNE BELTZA、VERY BE CAREFUL、RUDE Hi-Fi、OBRINT PAS、勝手にしやがれ、LA RUDA、LA PEGATINA、THE ZOOT 16、MATE POWER、SERGENT GARCIA、COOL WISE MEN、浅草ジンタ、梶原徹也 (ザブルーハーツ)、JASON MAYALL aka CUMBIA KID等、錚々たるアーティストと共演している彼女。世界中の支援者のサポートを受けてFUJI ROCK FESTIVAL (13回)、朝霧JAMジャム (9回)、RADICAL MUSIC NETWORK (12回以上)、CLOWNIA FESTIVAL (カタルーニャ・3回)、ROTOTOM SUNSPLASH (スペイン・2回)、RESURRECTED 14:AI APOCALYPSE HALLOWEEN MUSIC FESTIVAL (台湾・3回)、ZANDARI FESTA (韓国・2回)、VIVE LATINO (メキシコ)、ACTUAL FESTIVAL (スペイン)、EHZ FESTIBALA (仏)、PLAYTIME FESTIVAL (モンゴル)、ZAPATO AZULE (2回・バスク)、KEEPERS OF TIME (米)、DMZ PEACE TRAIN MUSIC FESTIVAL (韓国)、GAZTE EGUNA (バスク)、ARIANO FOLK FESTIVAL (イタリア)、URBAN NOMAD FREAKOUT FESTIVAL (台湾・3回)、STEPPING STONE FESTIVAL (韓国・3回)、MERCAT DE MUSICA VIVA DE VIC (カタルーニャ)、RRAMDON MUSIC FESTIVAL (スペイン・3回)、ROCK ON THE ROCK (4回)、TOYOTA ROCK FESTIVAL (3回)、龍岩祭、NATURAL HIGH!(3回)、EARTH GARDEN (3回)、FIGHT FOR RIGHTS、GO OUT JAMBOREE等、国内外のフェスティバルに出演した実績は、彼女が国籍や宗教、言語の壁を越えて活躍する日本人DJのひとりだという事を証明しているのではないだろうか。

TAGOOD (Monte Bailanta) www.facebook.com/DJ.TAGOOD
ラテンミュージックの深層を探るべく、コロンビア、アルゼンチン、ペルー、メキシコ等、現地のレコード屋、ストリート、はたまた、コレクター宅に、お邪魔してレコード収集。CUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOを中心にセレクト。2010年スペイン、バスク、2012年ロサンゼルス、2015年プエルトリコ等海外でプレイ。「FIGHT FOR RIGHTS」「REBEL FIESTA PARTY」「PACHAMAMA」「MURGA CUMBIERA」のレギュラーイベントの他にもRADICAL MUSIC NETWORK、朝霧 JAM、アースガーデン等に出演している。JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイスト、VERY BE CAREFUL、MATE POWER、EL HIJO DE LA CUMBIA、ROLANDO BRUNO、CUMBIA KID、LOS CHINCHILLOS DEL CARIBE、ESNE BELTZA、CARIBBEAN DANDY、BAD SOUND SYSTEM、MIMI MAURA、THE DOLOMITES、EKD等の国内外のツアーでDJを行っている。

YONESUKE-SYSTEM (Stretch Four) http://www.stretch-four.com/
DJ、ミュージシャン、デザイナーをこなすマルチアーティストYONESUKE-SYSTEMはSELECTORが集まって結成されたCREW「PACHAMAMA」のメンバーとして活動しており、REGGAE、DUB、CUMBIA、HIP HOP、MESTIZO、ROCK LATINO等をMIXさせた変幻自在なDJに定評あり。最近バスケットボールをテーマにアパレルブランドSTRETCH FOUR(ストレッチ・フォー)を設立。RUDIES NIGHT、PACHAMAMAのレギュラーイベントの他にもRADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS等に出演している。JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイスト、GAZ MAYALL、ANGELO MOORE、DJ SCRATCHY、ESNE BELTZA、VERY BE CAREFUL、MATE POWER、ESNE BELTZA、MIMI MAURA、TXARANGO、CARIBBEAN DANDY、渡辺俊美、MIDORINOMARU、EKD等の国内外のアーティストたちとDJを行っている。

MATXA (Los Tequila Cokes) www.facebook.com/lostequilacokes/
DJ、VJ、ミュージシャン、ビデオメイカーをこなすマルチアーティストMATXA。現在クンビアバンド「Los Tequila Cokes」の一員として都内のクラブ、ライブハウス、バーなどで活動。2013年頃より国内のイベントやパーティなど様々な会場でDJプレイの他にRADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、REBEL FIESTA PARTYのギュラーとしても活動中。

企画・制作・招聘:Japonicus
協力:調布Gaz`s Rockin`Blues/調布Cross/Caribbean Dandy/ Radical Music Network/Clandestino/
Rebel Fiesta Party/Pachamama/discos Papkin/Zoot Sunrise Sounds/Murga Cumbiera/

↑TOP


Copyright 2012 Japonicus TM All right reserved.